ゴールドリバー(バンクーバー島)

Gold River (Vancouver Is)



バンクーバー島の中央部に位置するゴールドリバー

松ポックリの様なボンバーが着水した瞬間

黒い影が走った

当サイトに掲載されている写真・文章等の無断使用は禁止します。

Copyright C 1996 ZAMMA MASAYUKI All rights reserved.

 いつも思う。スチールヘッドは何でフライフィッシャーをあそこまで熱くするのかと。考えてみれば、数あるサーモン、トラウト族の中で、狙って釣れる確率は低い方から数えた方が絶対に早い。
 的確な情報さえあればキングサーモンやシルバーサーモンなんて簡単に釣れる。チャムサーモンやレッドサーモンに至っては、釣らないのが難しいことだってある。
 ところがスチールヘッドの場合、そうは問屋が下ろさない。「爆釣中だ!」といっても、十時間に一回ヒットすれば御の字だし、「渋い!」なんていわれた日にゃ、一日一匹どころか、一週間冷たい流れに浸かりっぱなしで一万回のキャストを繰り返してもノーヒット、なんてことが間々ある。
 端から見ればスチールヘッダーはフライフィッシャーの中のサディストかもしれない。でなければ自分に対する大嘘つきか、はたまた、鈍感で、夢見がちで、自信過剰で、楽天家で、自分勝手な大馬鹿ものかも知れない。それでなければ無意味なキャストを炎々と続けられるはずもなく、まして貴重な時間とエネルギーを注ぎ込むはずもない。
      *      *
 ボクの釣りは何時だって行き当たりバッタリってことが多い。五年前、初めてバンクーバー島を訪れたのも偶然みたいなもの。バンクーバーに向かう機内では漠然と北部のスキーナ水系を目指そうかな〜などと考えていた。だが、フライショップの太ったおばちゃんの一言で変わってしまったのである。
 おばちゃんの話しによると、スキーナリバーはすでにスチールヘッドのシーズンが終わり、ヴァンクーバー島のゴールドリバー周辺ならチャンスがあるかも、たとえスチールヘッドが駄目でもレインボーやカットスロートはメニーメニーよ、とのこと。
 ショップの情報なんて……などと言いつつ、メニーメニーなんて言葉には弱い。とりあえずフェリーに乗ってバンクーバー島に渡った……