ナイガニ島(フィジー)Naigani Is

太平洋の真っ直中でGTが入れ食い!

贅沢とは思うが釣れ過ぎも詰まらない……

The Melanesian east-end, Fiji is called "South Pacific Crossroad".
This is a paradise for anglers who pursue giant fishes.

当サイトに掲載されている写真・文章等の無断使用は禁止します。

Copyright C 1996 ZAMMA MASAYUKI All rights reserved.

 南太平洋の紺碧の海面がリーフエッジで急速に盛り上がって砕け散る。純白のサラシが紺碧の海原に一筋の弧を描く。赤銅色に日焼けしたキャプテンがJPプリンセス号をリーフエッジに沿って走らせる。ボクは80ポンドのショックリーダーに巨大なポッパーを結束し、ローリングするフォアデッキからキャストする。 

 ボコッ、ボコッ。ポッパーが海面で飛沫を上げる。

 「フィッシュ! フィッシュ・カミング!」絶叫と共に海面が盛り上がり、巨大なGTが海面を割って、ガッポン!と炸裂した。 

 ここは『南太平洋の十字路』と称されるフィジー。大小320ほどの島々が紺碧の海に点在し、内100余りは無人島。その昔、ニューギニアやバヌアツ、ソロモン諸島など、メラネシア一帯は人喰い人種の島として恐れられていた。男たちは極彩色の化粧を施し、カヌーの船団を連ねて島を襲った。戦いに敗れた男たちは即座に首をはねられ、女子供は奴隷として連れ去られた。弱肉強食、人間も自然界の掟に習い、強い者のみが生き残り子孫を残すことができたのである。そんな習慣も20世紀初頭のキリスト教伝来と共に廃れ、今は平和そのもの。島の大半は珊瑚礁のリーフに囲まれ、巨大魚を追い求めるルアーアングラーとダイバーのパラダイスだ。

 今回、フライフィッシングを得意とするボクがルアーに挑んだのには、それなりの理由がある。知り合いの番組プロデューサーから、有名タレントの巨大魚釣りスペシャル番組の下調べを頼まれたのである。なにせ有名タレントはギャラも高いしスケジュールも詰まっている。現地に行って「やっぱり釣れなかった」では済まされない。そこで、暇なボクに白羽の矢が立ったのである……